今年も「郷土かるた大会」と「お餅つき」が開催されました

旧菊川町の「郷土かるた」の大会は、青葉台コミュニティセンターで毎年1月に開かれます。今年もたくさんの子ども達の参加を得て、行われました。かるたの後は、臼と杵でつくお餅つきがあり、つきたてのお餅をみんなで食べます。

この行事を支えているのは、青葉台コミュニティセンターの事務長さんはじめ、センターで活動するサークルの方々ですが、それぞれがこの行事の役割を担い運営に参加しています。でも目的はひとつ、今日ここに集まった子どもたちが半日楽しく過ごしてもらうことです。

幼稚園にまだ行ってないようなお子さんから「今日の、きな粉餅とってもおいしかったよ。私きな粉大好き」と言う声を聞いて「ああ今年も開催出来てよかったね」とみんなで労をねぎらいました。「また来年も来てね」で多くの子どもたちと別れました。

2016年1月18日 | まち協事務局長 |